-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存報告&福島第一原発について

2011-03-12 15:37

 はい、現象也です。

余震が怖くて若干の寝不足になったものの、無事です。

宿の件ですが、心優しい友達の家に泊めてもらえることになりましたマヂウレ━━(*´∀`*b)━━シィ!!!!

ありがとう!

 いま、ニュースが入って来たのですが、福島第一原発がヤバイです。

メルトダウンがはじまった可能性が高いそうです・・・炉心融解・・・

 福島第一原発は、核分裂反応を利用して発電しています。

核分裂反応では、重い原子が複数の軽い原子や中性子に分裂するさいに質量が減ります。

 質量というのは、実はエネルギーでもありE=mc^2(^2は2乗の意味)の公式にの従うと、

1gの物質がすべてエネルギーに変わると、約9.0×10^16Jのエネルギーが放出されます。

ちなみに広島型原爆は 6.3×10^13 Jだそうです。

 また、反応のさい放出される中性子は、ほかの重い原子にぶつかり核分裂反応を誘発します。

さらにその反応で中性子が放出され・・・

と連鎖的に反応を起こすことで十分な熱を得て、これを電力に変えるのです。

 放出される中性子を質量が同程度の軽水などで減速する(※)(例 同程度の質量の原子にぶつかれば、

中性子の運動エネルギーがほとんどその原子に移る)ことで、連鎖反応は制御されます。(元を断つ方法もある)

 さらに軽水は発生した熱を吸収して(つまり冷却)、蒸気となって発電用のタービンを回します。

しかし、この減速や冷却がうまくいかないと連鎖反応が制御できなくなり、限界を越えた熱が発生します。

この熱が、軽水をどんどん蒸発させ炉内の圧力を上昇させたり(今回はこれがメイン)、炉壁や燃料棒を融解させるのです。

炉壁が融解すれば放射性物質が漏れますし(実際に漏れているようです)、

高温の炉材が軽水に触れれば水蒸気爆発をおこす場合もあります。

(間違いがあれば教えてください)

 ようするに危険です!

おお、圧力さがった!


※ 中性子がより軽い原子にぶつかっても、その原子が加速され、

  より重い原子にぶつかっても、逆に弾き返されて意味ないです。

  また、高速の中性子は電荷をもたず他の原子と電気的相互作用をしないので、

  直接ほかの原子とぶつからなければ減速されません。

 (低速の中性子は核力で他の原子により引きつけられやすく、衝突で減速しやすい)


前回の心配コメありがとう(*^ワ^*)
スポンサーサイト


コメント

  1. 現象也 | URL | -

    「中性子がより軽い原子にぶつかっても、その原子が加速され」

    「中性子がより軽い原子にぶつかっても、中性子を止められない」
    かな

  2. 赤ふでペン ルナ | URL | -

    無事なようで安心しました!
    こっちも余震あって怖いです。
    気をつけてくださいね!!

  3. クロス | URL | -

    息災で何よりです。

    よくわかりませんが、とにかくメルトダウンはやべぇってことですか・・・

コメントの投稿

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバック URL
http://2zimu.blog.fc2.com/tb.php/53-421cbf5a
この記事へのトラックバック:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。