-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フリーダムガンダムの速さは?」に回答

2011-09-15 14:54

2013.09.29 追記
「フリーダムガンダムの速さはどのくらいですか?」に回答(定性的、定量的・計算式を用いて解説)」の記事で、

理論的に最高速度を求めたので参考までに。


質問
キラの機体のスピードと機動性はどれくらい?

フリーダムは単機で地球の重力圏から脱出できる、そしてより高性能のストライクフリーダムならより高速だと聞きました。

ですが、SEEDで最速のアカツキでさえ亜音速で、フリーダムに第二宇宙速度は出せないとネットに書いてありました。


現象也の回答
・公共の場なのと字数制限があるので文章が堅いですm(_ _)m
マナーさえ守っていただければ、いくらコメントしていただいても構いませんので下のコメント欄でお気軽にどうぞ。
・ただし、記事内容と直接関係のない考察・議論・質問はこちらのコメント欄でお願いします。

アカツキが亜音速というのは公式設定のようですが、SEEDで最速という設定はありません。
        
アカツキのみに亜音速という速さの設定があるため、このような誤解が生まれたと思われます。

(↑ディンやスピアヘッドにもありますが、知られていないので省略)

こういう設定の拡大解釈はよく起きているので、注意が必要です。

そのアカツキとフリーダムを比較しますと、

アカツキ(オオワシ)は重量87.82t、バッテリー駆動(※1)に対し、フリーダムは71.50t、核駆動(核分裂)です。

フリーダムの方が軽く、さらにアカツキより出力で上回っており、

パワーウェイトレシオの高いフリーダムのほうが機動性が高いと推測されます。

(推力が高いほど、空気抵抗と拮抗する速度、つまり最高速度が高くなる)

追記(2012-02-24)
この↑のパワーウェイトレシオでの判断は飛躍しすぎてるので、またそのうち修正します。

追記(2013-12-03)
ディンの元型のジン戦術航空偵察タイプやAWACSディンがターボジェットエンジン搭載機であることから、

ディンもジェットエンジンを搭載しているであろうと推測できます。

小説版の対モラシム戦でこのディンの航続距離がバッテリーに依存すると説明されています。

このことからCEのジェットエンジンは燃料ではなく、バッテリーの電力を熱源としていると考えられます。

これについては「「フリーダムガンダムの飛行方法・推進剤は?」に回答」の※1の通り、

SEEDの設定担当の森田氏から説明があります。

その場合ですと、上記のように熱源の違いからパワーウェイトレシオで単純に比較することができます。

ただし、ジェットストライカーやレイダー制式仕様が増槽(燃料タンク)を装備することと矛盾が生じます。

どうしたものか・・・


あと、速ければいいというものでもありません。

というのもあまりに速いと・・・

・人間の反応が追いつかない。

・音速以上では空気特性が変化し抗力が増大するため、操作性が悪化し燃料消費も増大する。

旋回Gは(速さの2乗)/(旋回半径)÷9.8なので失神しない程度のGで旋回しようとすると旋回半径が大きくなり、

 攻撃が命中しやすくなる。

などの問題が起きるためです。

実際、現用戦闘機はマッハ2以上を出せるのですが、上記のような理由で戦闘時は亜音速程度しか出していません。

(音速は戦域の移動などに用います)

戦闘では機動性よりも加速性や運動性が重視されます。

それはMS戦でも同じでしょうから、戦うにしても音速以上の速さは必要ないと思います。


第二宇宙速度についてですが、これは重力のみ働く物体が鉛直上方に投射されたときについて言えることです。

推進器で重力より大きい推力を出せる物体ならば、たとえ歩くスピードでも重力圏を脱出出来ます。

これだと、滞空できるようなMSは重力圏を脱出できるように思えるかもしれませんが、実際には途中で推進剤がつきたり、

ジェットエンジンなら高空の希薄大気で推力が保てなくなります。


以下補足です。

フリーダムはプラントL5宙域)~地球間を3日で移動しました。(wikiより)(年表より)

しかもキラはOSや機体の調整をしていたのであまり急げない状態でした。

ずっと推進器で加速していたとすると、相当の推進剤を搭載できることになり重力圏の脱出もできてしまうかもしれません。(※2)

そうではなく、恐らくある程度加速後、慣性航行に移行して地球に向かったのだと思います。

なのでプラント~地球間の距離を24時間で割った速さ(1.5×10^9m÷259200s≒5787m/s)を

フリーダムの(宇宙での)最高速度とするのは間違いとなるので注意してください。



我ながら答えになってないね(^。^;)

正直なとこ、わからんっていうのが本音だけどフリーダムなら大気圏内ならマッハ2くらいでそう。

※1
アカツキは初期GAT-Xシリーズと同時期に開発が始まり、

オペレーションスピットブレイク後にアークエンジェルがオーブに寄港した際には

OS、武装を除きアカツキはすでに完成しています。

フリーダム強奪(ニュートロンジャマーキャンセラー技術の流出)から数日しか経っておらず、

アカツキに核エンジンを搭載することは時間的に無理なので、

アカツキは従来型のバッテリー駆動と考えるべきだと思います。

※2
DESTINY 26話において、ラクスを乗せ地球を離脱するシャトルを

そのままフリーダムで追いかけようとしていることからも可能であろうと考えられます。




関連記事
アークエンジェルのプラズマブースター(ポジトロニック・インターフェアランスの原理)について

「フリーダムガンダムの速さはどのくらいですか?」に回答(定性的、定量的・計算式を用いて解説)

RX-78-2 ガンダムの諸説ある出力のスペック値について

「ユニウスセブン落下に用いられた装置(フレアモーター)とその原理は?」に回答

「Zガンダムのフライングアーマーはビームを防げるの?」に回答

ガンダムの設定における「リアルな嘘」の話

「ガンダムの360°全天周囲モニターが球状なのはなぜか?」に回答

なぜU.C.のモビルスーツの高さは18mなのか?

「ストライクフリーダムガンダムはどれくらい強いのか?」に回答

「ローエングリンの陽電子ビームの速度は光速か?(ガンダムに登場するビームの速度)」に回答

「ガンダムに登場する戦艦のビーム砲の出力は?」に回答

「トータル・イクリプスのBETA光線級のレーザーをIフィールド、GNフィールドで防げる?」に回答

「宇宙世紀のMS(核融合炉)とフリーダムガンダム(核分裂炉)の出力の違いは?」に回答

「ガンダリウム合金の加工方法は?」に回答

ガンダム第7話で自由落下と空気抵抗の考察 ~無事着陸できるのかwktk~

「フリーダムガンダムの飛行方法・推進剤は?」に回答

VPS・PS装甲の防御力について

ミノフスキー粒子の考察
スポンサーサイト


コメント

  1. itacyan | URL | VSZrQVBc

    反応速度とかはコーディネーターっていう設定でカヴァしてるとか?

  2. 現象也 | URL | -

    Re:itacyanさん

    っぽいです。
    キラの反応速度だと、普通の機体は動きが追いつかないみたいでふ。
    さらにストフリは装甲を細切れにして、速い動きでも壊れないように内部もVPS装甲にしたりしてまふ。
    さすが、スーパーコーディネイター!

  3. | URL | dzY8bSq.

    そもそも「フリーダムが大気圏を脱出できる」て前提が間違っているので話にならない。
    最速のアカツキは最終回でインフィニティジャスティスに飛行特化のオオワシ装備でなく攻撃特化のシラヌイ装備に追いついてるのに
    大気圏脱出できるフリーダムがやっと追いついた加速中のクサナギに
    後から追いついたジャスティスガンダムはアカツキ、ひいてはインフィニットジャスティスより30倍近く速い計算になるぞ。

  4. 現象也 | URL | -

    Re:3の方

    そうですね。
    現象也もフリーダムが大気圏脱出できるとは思えません。
    記事の質問者さんの友人がネットかなにかでデタラメな情報を鵜呑みにしたのでしょうね。

    ちなみにコメントの「30倍」というのは
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1378539193
    ここからですか?
    この質問者さんもだいぶ無茶なことをおっしゃってますよね(^。^;)

    あとコメントありがとうございます^^
    これからも「これ違うでしょ」とか「これどう思う?」とかあったら、
    非公開コメントでもいいので気軽にコメントくださいm(_ _)m

  5. 野良犬 | URL | -

    サンライズのイベントで配布されたパンフレットやムック本などの年表だと
    5月5日にフリーダムをうけとったのと、アスランの乗ったシャトルがプラントに到着、5月8日にアラスカに介入したとありますが…少なくともも5月5日以内に出発していて
    移動に最低48時間はかけたみたいですが








    あと
    たしかアカツキはデストロイや宇宙艦艇と同じで明確に動力の設定はされてなかったような…

    オオワシは、ジェットエンジンとロケットブースターなんで本体の出力差と推力のパワーウエイトレシオは比例しないような…
    ムラサメのジェットエンジンは、増槽がオプションにあるから普通のジェットエンジンの延長線上のエンジンじゃないですか




    あとオオワシが最速って設定もないですが、少なくとも早期警戒型ディンやアカツキなど亜音速設定のある機体は、他の機体にくらべて速度や加速性能をアピールする設定になっていて
    平均的とはいえない






    反応速度は、操縦桿だけで人型を操縦できるんですからアビオニクスが凄いからじゃないですが(笑)
    現代の戦闘機の飛行速度もアビオニクスのアシストありきで

    クルビットのような超絶機動も可能にしてるしね

    ガンダムを真面目に考えるなら
    遺伝子操作したくらいじゃ神経伝達や筋肉の動作で発生するタイムラグの限界は超えられないから
    アビオニクスのが説得力がある

  6. 現象也 | URL | -

    Re:野良犬さん

    最初に、コメントありがとうございます^^
    長文ですが、頑張ってコメ返したのでごらんください。

    >~移動に最低48時間はかけたみたいですが
    と、現象也も思ってですね、一応(wikiより)と併記しておいたんですよね(^。^;)
    ちょうど資料がなくてwiki(「フリーダムガンダム」の「劇中の活躍」の項)を参照したんですが、wikiが間違ってる気がしますね。
    まあ、記事では平均速度で考えてたり、キラがOS調整に忙殺されているとか書いてますけど、
    宇宙での速度は比推力と推進剤搭載量で決まるものですからテキトーに流してくださいm(_ _)m

    >~動力の設定はされてなかったような…
    それを言ってしまうと、多くのMSの動力源がわからなくなるので、
    「言及がなければバッテリー機」という暗黙の了解に従ってます。

    それに、オオワシはストライカーパックの流れを組む(というかデータ上同じらしい)ので、バッテリーを内蔵しているでしょうし(ジェットストライカーとか)、
    もし、ジェットエンジンのタービンで発電しているとすると、シラヌイに換装した際にエネルギー不足になりますしね。
    空気を加熱し推力にする方式(効率は下がる)の他のMSもバッテリーで事足りているので、
    構造の簡素化、省スペース化の観点から観ても、バッテリーを用いるのが好ましいのでは?(※)

    >~パワーウエイトレシオは比例しないような…
    ジェットエンジンって
    1吸入した空気を圧縮器のファンで圧縮
    2燃料とともに燃焼・膨張
    3その運動エネルギーの一部でタービンを回し、発電するとともに、
     同軸回転で圧縮器のファンを回す。残りの運動エネルギーが推力に。
    てな感じですよね。

    「上の※の考えでいくと3の過程はないので、
     圧縮器のファンはバッテリーの電力で回し、
     運動エネルギーは全て推力に振り分けられる。
     だから、本体出力で推力の検討がつく」
    という・・・のは飛躍しすぎですね。

    ジェットエンジンならば燃料の持つ化学エネルギーを考えなければならないですし、ロケットエンジンにしても同じですから、
    本体出力と推力とに関係性を求めるのは難しいです。

    この記事って過去の自分の回答のコピペなんですけど、
    あとあとフリーダムとオオワシの推進方式の違いの重大さに気づいて、
    修正しようと思ってたんですよね。
    申し訳ないですm(_ _)m

    >~他の機体にくらべて速度や加速性能をアピールする設定になっていて平均的とはいえない
    そこは了承してますよ。
    「オオワシアカツキが最速なんだぁああ(゜д゜)」という意見があまりにもまかり通っているのが嫌で、
    「最速とは設定されてない」と言っているだけです。

    >~アビオニクスが凄いからじゃないですが(笑)
    アビオニクスが良ければ、入力から出力までが短時間で済むので当てはまりますね。
    (クルビットの例は動安定性の問題ですから、また別ですね)

    神経の信号伝達も結局は神経の電気伝導率に支配されていますし、
    肉体的な構造が変わらなければ確かに遺伝子操作に依存しないようにも思えます。

    が、調整可能な容姿、疾患への抵抗力、訓練次第で堅牢な肉体と多くの知識を得られる身体を有していながら、
    肉体的に自分たちと変わらないと言えるでしょうか?

    それに反射速度は何もハード面(神経回路や筋肉)だけでなくソフト面(脳活動)も重要ですよね。
    つまり、キラは常人より物事を素早く判断できるのではないかと言いたいんです。
    「直感的」な判断能力、例えばビームの回避や切り払いについて言えば、
    覚醒時ともなれば常人のそれをはるかに凌いでいるように思われます。

    例えば
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q147623509
    http://gigazine.net/news/20100610_cyber_sportsmen/
    のように同じ、ハードを持つ人間でも反射速度は変わることがわかります。

    それと、ストフリの内部装甲がVPSに関して、またwikiからですが
    「キラの反射速度は、時に電力振り分けの制御マトリックスの反応速度を瞬間的に上回る程高い域に達し、設計限界を超えた超絶機動を引き起こす事が多い。」
    と明言されているので、問題ないと思います。

  7. frなんとか | URL | lWu9VFA6

    どうやったら月軌道から地球まで一日(年表で見ると3日かかってるが)かかるような機体で
    宇宙空間でマッハ(便宜上12)程度なんですけど
    それがどうやったら地球上でマッハ2なんて出せるなんて思うわけだか
    アカツキが最速クラスで亜音速
    オオワシより当然劣るシラヌイでも∞ジャスティスと併走かやや劣る程度の速度で移動してるわけなんですけど
    これだけ統合性とれててよく言えますな
    月軌道のプラントから移動中に戦闘してたとか劇中でも設定でも一切無い妄想設定で答えたりするのは無しですよ

  8. 現象也 | URL | -

    Re:frなんとかさん

    >どうやったら月軌道から地球まで一日(年表で見ると3日かかってるが)かかるような機体で
    宇宙空間でマッハ(便宜上12)程度なんですけど
    それがどうやったら地球上でマッハ2なんて出せるなんて思うわけだか

    そもそもプラントが存在するのは月軌道ではなくL5です。
    月軌道にある物体が安定してその場所に居続けられるとお考えなのですか?

    もし、L5から地球間を1日で移動したとするとマッハ50、3日ならマッハ16です。
    ただし、これは平均速度です。
    実際にはもっと速度は出ています。
    「いきなりマッハ16で出発できないこと」(じょじょに加速するから)
    「地球降下に備えて途中から減速&突入角制御しなければ大気圏突入で燃え尽きる(PS装甲と言えどただでは済まない温度になる)or大気に弾かれる」(月軌道以遠から突入する現用宇宙機が途中で減速するのはそれを防ぐため)
    からです。
    つまり
    マッハ0(出発)→加速→マッハ16より大きい値→減速→マッハ0(到着)
    となっているから、平均はマッハ16ということです。


    >アカツキが最速クラスで亜音速

    ネット以外のソース元を教えてください。
    自分も設定資料集、1/100やHGガンプラのインストなど探しましたが、「最速クラス」という表記はありませんでした。


    >オオワシより当然劣るシラヌイでも∞ジャスティスと併走かやや劣る程度の速度で移動してるわけなんですけど
    これだけ統合性とれててよく言えますな

    恐らくレクイエム脱出のシーンのことをおっしゃてるのだと思いますが、
    まずあの短距離では最高速度に達しておらず、2機が並走したということからは加速性能が同じということしか言えません。
    宇宙での速度というのはツォルコフスキーの式に与えられるように、推進剤積載量と比推力の関数なので単純に加速性能からは推し量れません。
    どこに統合性があるのでしょうか?


    >オオワシより当然劣るシラヌイ
     
    にしても運用環境が異なる地上機と宇宙機をどう比較して速度の優劣に持ち込んでいるのか理解できません。


    最後に・・・
    正直、こちらとしては色々な物理的考察と計算をした上で考察不可能と判断して、
    半分ネタでマッハ2と書いているわけです。
    文中でも
    「我ながら答えになってないね(^。^;)正直なとこ、わからんっていうのが本音だけどフリーダムなら大気圏内ならマッハ2くらいでそう。」
    と完璧に考察を投げて、(劇中の演出を観て)思ったままに願望も込めて語っていることがお分かりいただけると思いました。
    (大学で論文やレポート書いている自分にとっては言葉遣いで主観が入っていることをアピールできたと思ったのですが)

    ガンダムについて考察する人間くらいならマッハ2がネタであろうことは察していただけると思いましたが残念です。

    現象也は機械・航空専門の大学生ですので、数学、力学、解析力学、電磁気学、熱力学、流体力学、制御工学、材料力学etc一通り学んでいます。
    なのでたかがSF考察でも定量的・定性的に語ることもありますが、
    個人のブログなので主観でテキトーに書いていることもあります。
    その辺りは現象也の他の考察などを読んでいただければわかると思います。

    それをさも鬼の首を取ったかのように、人を小馬鹿にするような論調でコメントされても気分が悪いです。
    いくら議論をふっかけていただいてもかまいませんが、最低限のマナーは守ってください。
    あと、frなんとかさんはもう少し物理・工学と論理的思考を学ぶといいと思います。

  9. | URL | -

    ラクスが強奪したシャトルが追撃してくるバビらを後ろに見るシーンから
    背景による高度はその時点でもかなりの高空です
    バビMSはディン程度の速度ですが、バビMAはマッハ2程
    そのバビMAからミサイルがシャトルに迫っていました
    これはガズウートのミサイルと着弾がほとんど同じになる速度でした
    ガズウートのミサイルはリアルの対艦ミサイルよりサイズがあります
    対艦ミサイルはマッハ6程の速度がでますから
    緩やかに追いつかれかけていたシャトルの速度はマッハ5くらいにはなります
    それだけの高度と速度を持ったシャトルに
    バビやガズウートを倒し、管制塔前を通過してからシャトルに追いついた
    フリーダムの速度は種作品内の大気圏内飛行として最速の速度が出ています
    フリーダムは「マッハ10以上は出せていないと追いつけません」
    シャトルとの交信が出来なくなる高度になる前に追いついていて
    交信不能になるのは電離層の昼、D層の60km以上の高度に入った頃からです
    その高度に角度70度程で飛行していたシャトルが到達する前に
    追いついたフリーダムの速さが
    宇宙世紀機体や亜音速しか出ないアカツキより遅いことはありえません

    ジャスティスの方がフリーダムより推力は上ですが
    飛行姿勢や形状の違いから描写のようにフリーダムの方が速かった
    また種デスになってフリーダムの性能が上がっていたと見るべきでしょう

  10. 現象也 | URL | -

    >9

    こちらのブログのコメント欄の方ですか?
    http://blog.livedoor.jp/redcomet2ch/archives/31288322.html#comments

    >バビMAはマッハ2程
    ソースの提示・推測の過程を教えてください。

    >交信不能になるのは電離層の昼、D層の60km以上の高度に入った頃からです
    あのシーンは、小説ではNジャマーによって交信ができなくなったと説明されていますよ。

    >ガズウートのミサイルはリアルの対艦ミサイルよりサイズがあります
    ガズウートの対艦ミサイルを現実の対艦ミサイルと単純比較してよいのか、その妥当性についてはどうお考えですか?
    「サイズが大きい=より炸薬を搭載しており、破壊力大」は間違いないでしょうが、
    「サイズが大きい=速い」は推進器の性能やミサイル形状の比較などをしなければ、成り立ちませんよ。

    >対艦ミサイルはマッハ6程の速度がでますから
    一般的にはマッハ1~2程度ですね。

    CEではNジャマーによって熱紋索敵できるような、近距離での戦闘がメインになっているわけです。
    (一般に赤外線は電波に比べ、到達距離が短い)
    レイダー制式仕様などに搭載されているキングコブラなんかは赤外線誘導(電波誘導ができない場合に切り替える)ですし、
    IWSPのレールガンも映像分析、熱センサーで砲撃を行います。
    いずれも、近距離戦がメインであることを示しているわけですが、その場合、対艦ミサイルにマッハ6もの速度が必要になりますか?

    >それだけの高度と速度を持ったシャトルにバビやガズウートを倒し、
    >管制塔前を通過してからシャトルに追いついたフリーダムの速度は種作品内の大気圏内飛行として最速の速度が出ています
    おっしゃりたいことはわかります。
    遠ざかるシャトルと基地との間をあれだけの短時間で往復したのですから、相当な速度が出ていると私も思います。
    ただ、残念ながらあなたの説明には明確なソース(作品内の設定)がない上に、多くの仮定を重ねているために説得力がありません。

    ↓こちらの私の考察もご覧になってください。
    http://2zimu.blog.fc2.com/blog-entry-284.html
    フリーダムの推力の設定値や形状、流体力学の計算から速度を算出しています。
    あくまで計算に過ぎませんが、疑念の余地はあまりないと思います。

    また、オフィシャルファイルのマスドライバーの加速2~3Gと劇中の加速時間の関係から、フリーダムがクサナギに追いついた際がマッハ2程度、ジャスティスはマッハ3程度と単純計算できます。

  11. | URL | -

    お久しぶりです。フリーダムおよびジャスティスはマッハ2以上のスピードで移動してる訳ですが、これはパイロットがコーディネイター、つまりは常人よりも優れた反射神経及び身体能力があるから扱える、つまりはフルスペックで戦えるのだと思います。
    逆にナチュラルひいては宇宙世紀のパイロットに扱えるシロモノでしょうか?
    マッハ2なんて銃弾より速い訳ですが。
    常人つまりはナチュラルや宇宙世紀のパイロットには体力的にもて余すと思います、他の作品で言えばイノベイター位しか扱えないのでは?

  12. 現象也 | URL | -

    >11

    >逆にナチュラルひいては宇宙世紀のパイロットに扱えるシロモノでしょうか?
    質問の本質が機体の速度ではなく、パイロットの技量ということでこの記事と関係ないので、↓の記事でお願いします。
    http://2zimu.blog.fc2.com/blog-entry-316.html

  13. | URL | -

    >>10 バビMAから速度がなくなればMA形態そのものの価値が存在しない
    また追撃にすら間に合う理由がなくなる、状況証拠だけが豊富と罵られたとしてもだ

    Nジャマーの地中にあり範囲は広く、上空において地上より影響が強い理由が不明

    対艦ミサイルに速度が必要になる理由
    ミサイルレールキャノン否定の発言にもなりえる話をされても困る
    ミサイルの速度が速い程に迎撃が難しく撃墜難度は飛躍的に向上する
    また着弾速度が速ければ威力も増すのでメリットが遥かに勝る
    種世界では推進技術が発達しておりフリーダムの推力などにもみることができる
    ミサイルには推力をケチっていますなどという説明が本気で通るとお思いですか?
    またミサイルには自律行動・自立判断機能も付加される
    このことがミサイルのコスト増に繋がっている
    高コストのミサイルがポンポン撃墜されたとしたらたまったものではないだろう
    どうせ爆発するから単純な構造というわけではないのがミサイル
    ザフトの技術力で当たらない・速度が遅いミサイルをわざわざ作って
    国力500倍の連合にザフトが勝とうなどと思っていたか?
    リアル現在並みの低スペックミサイルだとしたら存在意義を問われる話に発展する
    対艦弾道ミサイルなら今ですら通常速度はマッハ10とか

    描写による地形、飛行時間、縮尺、セリフに現象
    劇中既に出ちゃってるので
    まだ気付けていない要素はお互いに残っていると思いますので
    描写速度を説明するのにそう悲観するものでもないと思います

  14. 現象也 | URL | -

    >13

    >バビMAから速度がなくなればMA形態そのものの価値が存在しない
    その考え方自体は否定しませんが、そこからどうしてマッハ2と推定最高速度が導かれるのですか?
    バビはディンの弱点を、装甲増強と火器の充実で補い、その分増えた機体重量によるマイナスをMA形態への変形と推進器の強化によって補った機体です。
    確かにディンを凌ぐ飛行能力を得たとされていますが、それがすなわちマッハ2であることの理由にはなりません。
    飛行能力と言っても速度以外にも、旋回性や安定性などいろいろありますし、速度も含んでディンより飛行能力が高いとしても、ディンの最高速度が亜音速域に留まっている以上、バビの最高速度は亜音速以上ということしか言えません。

    >そのバビMAからミサイルがシャトルに迫っていました
    >これはガズウートのミサイルと着弾がほとんど同じになる速度でした
    もう一度、本編を観てください。
    ガズウートのビームと大型ミサイルとバビのビームと小型ミサイルが発射され、ビームと砲弾(恐らくバビの機関砲)にさらされるシャトルの映像が映った後、シャトルに迫るバビの小型ミサイルのみがフリーダムに迎撃されており、ガズウートの大型ミサイルとバビの小型ミサイルが同時に映っている場面はありません。
    そもそも、ガズウートの大型ミサイルがシャトルに肉薄している描写がないのです。

    >対艦ミサイルはマッハ6程の速度がでますから
    ハープーンやトマホークTASM、93式空対艦誘導弾等、足の遅い艦船相手の対艦ミサイルの速度は普通マッハ1~2程度です。
    マッハ6というのがどこから出てきたのか謎です。

    >ガズウートのミサイルはリアルの対艦ミサイルよりサイズがあります
    あなたと同じ「現代より優れているであろうから」という理由を使えば、艦船の防御力が現代より大きく向上していることも考えられるわけですよ?

    >Nジャマーの地中にあり範囲は広く、上空において地上より影響が強い理由が不明
    申し訳ないです、これについては小説を読み直したのですがNジャマーの影響によるものだと勘違いしていたようです。
    ただし、電離層の影響によるものとも書かれていないため、あなたの論を補強するものにはなりません。

    >ミサイルの速度が速い程に迎撃が難しく撃墜難度は飛躍的に向上する
    確かに速いほど撃墜難度は向上しますが、逆に命中率は悪化し、結果的に対象にダメージを与えられなくなりますよ。
    速いということは、それだけ慣性に支配されているということであり、ガズウートやバビの翼を持たないミサイルでは、あまりに速度を出すと旋回し切れないといったことが起きる可能性が高いです。
    また、弾頭に高速で気流がぶつかることによる空力加熱(マッハ2で200℃、マッハ3で300℃あとは指数関数的に上昇)によって、シーカーの精度が下がることも十分に考えられます。(Nジャマー下で有用な赤外線誘導式のミサイルは特に影響を受ける)

    C.EのMSは戦闘機に対しては速度や航続距離で劣るものの、旋回性や運動性で勝るという設定です。
    速くて撃墜されにくいことを重視して、旋回性や運動性、誘導性能を落としてしまうと、そもそも当たらないミサイルになってしまいます。

    >また着弾速度が速ければ威力も増すのでメリットが遥かに勝る
    飛行する対象に対しては、近接信管を用いて着弾せずとも対象近辺で炸薬を炸裂させダメージを与えるというのが一般的です。(もちろん着弾するに越したことはない)
    特別に運動エネルギーミサイルなどと断りを入れないのであれば、ミサイルのダメージというのは炸薬量によるものが支配的ですし、そもそも対象が飛行してミサイルを振り切ろうとする以上、相対速度が小さくなるため運動エネルギーによるダメージは見込めません。

    >ミサイルには推力をケチっていますなどという説明が本気で通るとお思いですか?
    >リアル現在並みの低スペックミサイルだとしたら存在意義を問われる話に発展する
    それはあなたが勝手に口にしていることであって、私は推力をケチっているとも、低スペックミサイルだとも書いていません。
    私が言っているのは、推力を上げて速度を上げる伸びしろを旋回性や運動性、誘導性能の向上に用いる方が、MS相手のミサイルにはふさわしいということです。
    決して、C.Eのミサイルが現代のそれにも劣るようなものだとは言っていません。
    弾道ミサイルの最高速度マッハ10を引き合いに出していますが、弾道ミサイルは対空ミサイルや対艦ミサイルと開発コンセプトが大きく異なるのを忘れないでください。
    弾道ミサイルというのは国と国といった超長距離を飛行するものですから、敵国に捕捉、迎撃、防御態勢をとる猶予を与えないよう異常な速度が必要とされるのです。
    その異常な速度も、宇宙空間まで長距離に渡って加速し、十分な速度エネルギーと位置エネルギーを得てから、対象の上空から一気に下降することで得られるものであって、通常の対空・対艦ミサイルに真似できるようなものではありません。
    また、弾道ミサイルはその異常な速度の代償として、発射後の誘導はほぼ不可能になっています。

    >描写速度を説明するのにそう悲観するものでもないと思います
    別に私は悲観してませんし、数々の設定や物理的計算からフリーダムの速度は音速以上であろうと確信していますが、あなたの個人的推論のみによって導かれた最高速度には妥当性があるとは思っていません。
    あなたが多用する「現代より優れているであろうから」という理由は一見正しいように思えますが、個別の技術・物(今回で言えばミサイル)の設定・スペックの考察をすっ飛ばしているだけにすぎません。
    理文問わずあらゆる論文やディスカッションにおいて、考察・論というものはデータや物的証拠、文献からの引用などがあって、初めて妥当性・信頼性が生まれるものです。
    ガンダムを語るのであれば、既にフィクションというフィルターがかかっているのですから、なおさら設定や科学考証などをきちんとしなければならないのです。
    そうでないから、↓の記事であなたに対して反論がたくさん出てきて、しかもその反論をねじ伏せることができないのです。
    http://blog.livedoor.jp/redcomet2ch/archives/31288322.html#comments
    正直、推論に推論を重ね、いろいろこねくり回して正しいのかわからない論を展開するくらいなら、妥当性の担保されている設定や科学考証などを用いて、ビシッとスマートに論を展開すればいいと思いますよ。

  15. | URL | -

    >>14 今回はニコニコsm21871109参照

    コナン的にいうなら理解しがたいことでも目の前にあることが現実
    (描写でそうなるならそういうことでしかない、描写否定しても始まらない
    ワープを説明できないからといって、描写によるワープは否定できない
    注・スタートレックイメージ中)

    バビはムラサメなどの可変機の対抗機であること
    バビはMS形態で既にディン並みの速度は可能
    ムラサメがZガンダムと同等の変形機構であること
    種機体の推力は宇宙世紀以上である事実、Zガンダムの速度はM1.5
    遠回りだけど、その性能程度がなければバビの存在価値はない
    種デスでの飛行速度はM2ないとしても音速以下では説明がつかないのだから
    後は描写の速度にどう説明つけていくのか、ということでしかない
    シャトルとバビは推進炎しか見えない描写のシーン、やっぱりバビMA速いな

    ガズウートの大型ミサイルが多弾タイプだったなどの理由が考えられる
    対艦ミサイル(核など)には多弾タイプという例がある
    描写がはしょられてもあの作品なら不思議ではなく
    フリーダムがシャトルに追いついた時には大型ミサイルの影も形もないので
    後は描写の内容にこちらで理由付けるしかしようがない

    対艦ミサイルサイズに詰め込める技術の話をしており
    対艦弾道ミサイルは対艦ミサイルの一種です、なのでマッハ10も可能という話
    検索で見つけたマッハ6という例も今ではそれ以上のマッハ10の記述で上書き
    種世界の技術力をわざわざこちらの低スペックミサイルLvに落とす必要はない
    相対速度がマッハ1上回ればその運動エネルギーでの破壊力は十分強い
    車が40km程度で突っ込んだ破壊力ですら・・・
    そう考えれば速度は少しでも高い方がよい

    フリーダムとシャトルとの近距離で通信不能になる理由とは?
    大気圏突入離脱時における通信不能を描くのはガンダム作品の伝統
    否定する際には代替案の提示をよろしく

    先端に誘導装置があるのは主流も主流だが
    マッハコーン(斜め衝撃波)を避けてミサイル横に取り付けられても特に問題はない
    誘導装置は複数種統合による精度向上が可能なので心配はない
    問題があるなら改善されるのが技術
    誘導装置は外部からだけでなく自律もできるので命中率はそんなに低くはない
    破壊(影響)範囲を考慮すれば誤差は数mでも十分すぎる程
    ミサイルに3次元ベクタードノズルとか、翼に頼る時代はいずれ終わる
    https://www.youtube.com/watch?v=juKDCGWh7MU
    これもこれから発展していけば命中率の飛躍に繋がる

    飛行する相手には対象近辺で炸薬を炸裂
    ドッグファイトとかお互いに速度落として戦ってる時なら有効でしょうが
    今回は大気圏離脱しようかって速度出している対象

    対艦ミサイルの話であなたは普通マッハ1~2程度であるという方向に
    話を持っていこうとしていますが種世界の推力はフリーダムに見るように高い
    わざわざ今の我々のミサイル程度に下げる必要がない
    我々のミサイルは無煙で排気は無色透明が一般的だが
    種世界のミサイルはスペースシャトルの如く推進煙が見え続けている
    これらをまとめてのケチッた性能とした、言い方は確かに悪かったかな

    空気抵抗は機体の向きによって増減し空気抵抗は飛行機並みには減らせる
    胴体横向きにしか飛行できないわけではないので
    最高速度出す時とそれ以外では機体姿勢の向きは変わる
    空気抵抗受ければ強制的に空気抵抗軽減姿勢に変えられていくものだが・・・
    (例・スカイダイビングの姿勢)

  16. 現象也 | URL | -

    >15

    >コナン的にいうなら理解しがたいことでも目の前にあることが現実
    あなたの説明より私の説明の方が設定や理論などを加味しており、理解しやすく、かつ描写を上手く説明できるのですから、妥当な解釈だと言えるのですよ。
    あなたは描写を見て、そこから自分の都合の良い結果を得るために、個人的な推測で全てを済ましているのです。
    コナンで言えば、毛利小五郎が事件の経緯を聴いて、証拠もなしに「犯人はあなただ!」と言っているのと同じなんですよ。
    以後、コメントする時は設定・記述・科学理論などを用いてください。
    推測だけの話なら、あなたも私も↓のようにいくらでも意見を言うことができて、埒があかないですし、結局何が正しいのか決まりません。
    私はそういう意味のないやりとりはしません、これが守られないならコメントは消します。

    >バビはムラサメなどの可変機の対抗機であること
    まず、対抗機だから最高速度が同じである理由がない。
    さらに、航空戦は現実世界でもC.E.でも亜音速戦闘(運動性の低下、燃費、パイロットの能力の限界による)であって、音速以上の速度は専ら移動にしか用いられません。
    ですから、AMAという型式や武装からもわかるとおり攻撃機としての側面の強いバビと、広大な領海・領空を防衛しなければならないムラサメとでは、必要とされる移動能力が違うのですから、最高速度も変わってきます。

    >ムラサメがZガンダムと同等の変形機構であること
    技術体系の異なるシリーズをまたいで比較するなんて、比較としてお粗末すぎます。
    ただ、ガンダムという番組名を冠しているだけであって、両者は別物です。
    ムラサメより明らかに空気力学的に劣ったフォルムのコア・ファイターやドップがマッハ4~5で飛行できることを考えればわかるでしょう。

    >種機体の推力は宇宙世紀以上である事実
    それがわかっているのは、あくまで核駆動のフリーダム(推力:527,000kg)とジャスティス(推力:603,200kg)のみについてです。
    また、同じ変形機構でも各部の形状が異なれば空気抵抗も変わってくるため、ムラサメがZと同程度の速度を出せる説明になりません。
    ムラサメが低速域での運動性を向上させる前進翼を採用している時点で、Zと単純比較できません。

    >種デスでの飛行速度はM2ないとしても音速以下では説明がつかないのだから
    それはあなたが、ガズウートの大型ミサイルをマッハ6だと勝手に設定し、それがシャトルに追いついたと誤認したからであって、あなたが一人相撲しているだけです。
    バビの最高速度の証明、ガズウートの対艦ミサイルの最高速度の証明、その対艦ミサイルがシャトルに追いついていた証明、これができない限り、あなたの意見は正しいと言えません。

    >対艦弾道ミサイルは対艦ミサイルの一種です、なのでマッハ10も可能という話
    種別が同じならば、同じような性能が引き出せると思っているのですか?
    私、航空宇宙工学が専門で、あなたよりよっぽどこの手の話には詳しいと思いますが、そんな話は聞いたことがありません。
    同じ論理で行けば、チンパンジーも人間と同じ霊長類なので、人間レベルの会話や計算、文化・経済活動ができることになりますね。

    >弾道ミサイルというのは国と国といった超長距離を飛行するものですから、
    >敵国に捕捉、迎撃、防御態勢をとる猶予を与えないよう異常な速度が必要とされるのです。
    >その異常な速度も、宇宙空間まで長距離に渡って加速し、
    >十分な速度エネルギーと位置エネルギーを得てから、
    >対象の上空から一気に下降することで得られるものであって、
    >通常の対空・対艦ミサイルに真似できるようなものではありません。

    ↑この文章をよく読んでください。
    対艦弾道ミサイルと対艦ミサイルでは、まず必要とされる能力が違いますし、発揮できる能力も違うのです。
    兵器とくにミサイルなどの消耗品というのは、必要とされる能力を過剰にオーバーして製作されることはありません。
    そうでなければ、現代でも携帯用から艦船用まであらゆるミサイルの速度がマッハ3や4になっているはずでしょう?

    >種世界の技術力をわざわざこちらの低スペックミサイルLvに落とす必要はない
    >わざわざ今の我々のミサイル程度に下げる必要がない
    何度も言わせないでください。
    私はC.Eのミサイルのスペックが現代と同じだとは一言も言っていません。(運動性や誘導能力に優れていると考えます)
    あらゆる兵器というのは、必要とされる能力に合わせて、必要な分の能力が与えられるのです。
    少しでも、技術や工学に携わったことがあれば、当たり前の話です。
    ですから、足の遅い艦船用の対艦ミサイルに必要とされる速度は多少の+αはあっても、ある程度に収めます。
    しかも、説明したとおり速さを求めれば求めるほど、ミサイルの運動性や命中率は下がりますので、無駄に速くする意味がないのです。
    むしろ、マッハ10なんて無駄に速くするくらいなら、運動性や誘導能力の向上を行った方がましです。

    >フリーダムとシャトルとの近距離で通信不能になる理由とは?
    知りません、どこにもその理由も手がかりも明記されていないからです。
    基本的にガンダムはフィクションなのですから、設定・記述になければわからないものはわからないのです。
    (設定・記述を元に科学理論で判断できる場合もあるが)
    少なくとも、あの距離で、しかも現代より進んだ通信技術を持つMSとシャトルが通信不能になるのであれば、D層を隔てて地上と通信を行う現代の通信衛星網は機能しません。

    >マッハコーン(斜め衝撃波)を避けてミサイル横に取り付けられても特に問題はない
    問題ありありです。
    横に取り付けた時点で、横方向の情報しか手に入りませんし、前方の情報を得ようと前に向ければ、そこが新たなよどみ点になるだけです。

    >誘導装置は複数種統合による精度向上が可能なので心配はない
    具体的に何を複数種統合して精度向上して、どうして心配ないのか理由が不明。

    >種世界のミサイルはスペースシャトルの如く推進煙が見え続けている
    スペースシャトルの推進煙は液水・液酸の反応で発生した水(雲)によるもので、一般的なミサイルに用いられる固体ロケットの推進煙とは違うものですし、そもそも推進器が異なるので比較になってません。
    それと、「我々のミサイルは無煙で排気は無色透明が一般的」と考え、推進煙が発生しているC.Eのミサイルは推力が高いと考えているようですが、まずミサイルの推進煙は有煙が一般的です。
    そして、「我々のミサイル」で無煙のものは推力が低いのではなく、固体ロケットの推進薬に無煙推進薬を用いているだけです。

    >ドッグファイトとかお互いに速度落として戦ってる時なら有効でしょうが
    >今回は大気圏離脱しようかって速度出している対象
    いや、近接信管は直撃の見込めない高速目標にダメージをあたえるためのものですよ?
    シャトルのような目標にはうってつけのダメージの与え方です。

    >ガズウートの大型ミサイルが多弾タイプだったなどの「理由が考えられる」
    >後は描写の内容にこちらで「理由付ける」しかしようがない
    >否定する際には「代替案」の提示をよろしく
    もう、↑の言い方にも現れているんですが、あなたは設定・記述になければ自分で推測した理由・案を考えればよい、そして理由・案が考えることができたら、それが真実になると思っている節があります。
    だから、最初に言ってもいなかったのに、私の意見に反論するためだけに
    「ガズウートの大型ミサイルは多弾タイプ」
    「マッハコーン(斜め衝撃波)を避けてミサイル横に取り付けられている」
    「誘導装置は外部からだけでなく自律もできる(要はアクティブ・セミアクティブ誘導切替式と言っている)ので命中率はそんなに低くはない」
    「ミサイルに3次元ベクタードノズルとか、翼に頼る時代はいずれ終わる」
    と自分で後付けするんですよ。

    じゃあ、そうして後付けを繰り返して、振り返って考えたときに本来のガズウートの対艦ミサイルは、多弾頭タイプで、シーカーは横に取り付けれれていて、アクティブ・セミアクティブ誘導切替式で、3次元ベクタードノズルが用いられていると言い切れますか?

    あなたの意見はまず「フリーダムは音速を大きく超える」という結論から始まって、その理由づけのためにシャトル追撃のシーンで「バビやミサイルが音速を大きく超えていた」として、さらにその理由づけのために「バビはムラサメの対抗機で~」「ガズウートの対艦ミサイルは対艦弾道ミサイル並の速度で~」と、最初の結論に収束するように都合の良い理由を後付けしているだけです。
    航空宇宙工学専門の人間から言わせてもらうと、あなたの理由付けは技術、工学、科学的に無理がありますし、証拠もない推測だけで、理由付けを繰り返しても論理性がないんですよ。

    最後に、ここは管理人 現象也のブログです。
    設定・記述・科学理論などのない推測、結論ありきの後付けによって成り立った意見は要りません。
    私と議論したいならば、注意してください。

  17. | URL | -

    >>16 言えるのですよ?それはそれは自画自賛乙
    実際には否定しきるだけの話をあなたからはまだ聞いていません
    都合の悪いことは消せばいいんでない?今までもそうしてきたのでしょうから
    書き込んだことは画像で他サイトに載せれば消されても証拠は残り見る人はいる
    消した所で答えられないならそこまでと見られるのはあなた
    あなたのやり方では描写事実を否定するだけで終わってしまうことも多い

    コナンでは読者視聴者には描写が見えているという点も大きい
    それをなかったことにはできません、結論が見えていても理解できなければ否定とは

    ニコニコsm21871109参照したようにバビとシャトルが同時に映るシーンの高度
    否定するだけなら簡単なのでしょうね
    バビはカタパルト射出なしからの追撃であることやシャトル強奪に気付いた時点では
    格納庫の中でシャトルは既に飛び立った後である点など不利な点は多い
    ミサイルの速度を否定しバビ本体の速度も否定したあなたの話のどこに
    シャトル迎撃目前までいける理由があるのでしょうか?
    種世界では「厄介な国」と言われてもいたオーブ、その国が配備したムラサメ
    バビが火力だけなら、エースでもない3機でカオスも倒せるムラサメには対抗できない

    ムラサメ17.82m46.88t Ζガンダム19.85m62.3t
    ムラサメにフリーダム程の推力はないでしょう
    ですがΖガンダムは112,600kgの推力でM1.5、これはZにできると決まっていること
    それに対してあなたはムラサメにはできない前提でしか話してきていません不自然です
    ムラサメには、飛行能力は機体が軽量な事やMA形態への変形機構を有する事から
    かなり高いレベルとあり、変形機構はΖガンダム系MSのそれとほぼ同様や
    高機動汎用MSと戦闘機の性能を両立した完成度の高い機体と書かれてもいる
    逃走するフリーダムやセイバーに追いついている描写がムラサメにはあります

    ドップの最高速度はM5、あくまでもミノフス下での話でしかなく
    高度については言及されてもいない
    大推力のエンジンと多数の姿勢制御バーニアで強引に飛翔させているとされる
    航続距離は短いという設定と引き換えの速度
    設定と劇中でできるとされているものに文句をつけ前に進めないのがあなた

    前進翼バルキリーの速度否定にまで話を広げたのはあなた
    前述したようにムラサメは戦闘機としても完成度の高い機体
    Su-47は前進翼で最高速度M2が出る
    単純な比較は無理でも前進翼だからとして否定する理由にはあたらない

    最高速度マッハ6と見つけたものからマッハ10の新しいものに変更している
    あなたはマッハ1~2にしたい話にもっていきたい話も聞いた
    時間的にそれでは遅いのが描写と前述した
    詳しいと思いますがと話すあなたは教わった範囲でしか話していない
    ネットに溢れてる新技術の応用とかを考慮できない頭の硬さがある
    挙げ句にチンパンジーと飛躍したことからも伺える
    技術が上がれば基準も底上げされるのは自然、大は小を兼ねる事例には事欠かない

    ミサイルは消耗品ではあるが高コスト製品にあたる
    ミサイル1発分の価格で家2~4軒がたつなんていうのはザラ
    高コストになるにはそれ相応の理由あってのこと
    あなたは現代でもM3あたりと話していますが
    それはあなた自身も現代の話として話している
    現代と同じだとは一言も言っていませんとは言いつつも
    あなたはどこかで同じ水準の技術と枠にはめて話している

    水準の話
    一人殺すのに本来銃弾は1発あれば良い、しかし今ではマシンガンでハチの巣
    更にとつぎ込む技術に終わりはない、あればあるだけ良いものを、それが世の中
    必要という枠が狭いものとは限らない、利用幅があれば便利になる

    サイズにつぎ込める性能上限の話がマッハ10
    マッハ10でも目標に命中する分だけ運動性や誘導能力があれば良い
    ガズウートのミサイルは対MS用?いいえ対艦ミサイルです
    シャトルは対艦ミサイルを回避できたか?いいえ対艦ミサイルでも命中には十分です
    あなたは話している内に目的が見えなくなっています
    種は命中性能・技術は現代並みではない

    通信不能になった高度
    バビ追撃によるシャトルの高度描写とそこまでの時間
    フリーダムがシャトルに追いつくまでの時間
    シャトルが例えばマッハ1だった場合に到達する高度は?3秒で約1km上昇
    マッハ2なら?3なら?その場合フリーダムの速度が凄いことに・・・
    描写否定はできないからそこは受け入れるしかない

    複数点観測による誤差補正と複数種による誤差補正の統合技術
    「統合による誤差補正」によって精度の高さは向上する
    種は量子コンピュータが採用される時代であり統合処理能力は高い
    ミーティアのミサイルの例があるように高速下であっても命中性能は高い
    あなたの話は単一機器による欠点を話したものでしかない


    MSも煙っていたのでそこは取り消します

    出勤目前なのでここまでか

  18. 現象也 | URL | -

    >17

    たぶん、今このやりとりを読んでいる方が数名いらっしゃると思いますが、反応を観てみたいですね。

    >実際には否定しきるだけの話をあなたからはまだ聞いていません
    設定・記述にないものを説明しようとしているのはあなたなのですから、あなたが決定的な証拠を持って説明するのが道理ですし、私が否定しなくとも証拠がないのであれば、それはなかった話でしょう。
    理系に身を置いていれば、学会などで論文を書いたり、読んだり、読まれたりする機会が多いのですが、証拠もない推測だけの話なんて誰も信じないですし、そんな推測だけの話なんて教授でも学生でもだれもしません。
    そこだけ観ても、あなたが物理や科学に詳しいわけでも、論理的な文章を書ける人間でもないということがわかるんですよね。

    >ミサイルの速度を否定しバビ本体の速度も否定したあなたの話のどこに
    >シャトル迎撃目前までいける理由があるのでしょうか?
    いや、別にシャトルやミサイル、バビ全てが速ければ、それはそれで描写を説明できるのでしょうが、あなたはそれを設定も数字も物理も使わない推測で説明しているから駄目なんですよ。
    「気づいたときには~飛び立った後」
    「種世界では「厄介な国」と言われてもいたオーブ」
    「ムラサメはバビの対抗機」
    だとか、直接関係ない枝葉のところでイメージさせようとしていますが、それは考察として正確ではありません。
    ミサイルがマッハ6や10だという話も、設定に速度があるわけでもなく、結局あなたが一人で考えたことでしょう?
    私としては
    「うんうん、なるほどなるほどそういうふうに推測するんだね・・・で、本当にガズウートのミサイルはマッハ6や10なの?」
    って感じですね。

    それに、追いつく追いつかないは実際は速度ではなく加速度の問題ですから、例え音速以下(←別にこれが正しいとは言っていない)でも加速度がシャトル<バビ<ミサイルとなっていれば同じような追いかっけこになります。
    小説内でも速度ではなく、加速度で追いつく追いつかないを説明していましたしね。

    まあ、要は推測だけで可能性の話をするではなく、設定のスペック速度か物理的に算出した速度を用いて正確に話してください、ということです。
    速度比較するのであれば、数字を扱うのですから、推測だけの定性的な説明だけでは足りません、定量的に説明しなければならないのです。
    理系の素養があればこれって当たり前の感覚なんですけどね・・・

    >それに対してあなたはムラサメにはできない前提でしか話してきていません不自然です
    これも同じです、別にできないともできるとも思ってないので、あなたが定性的かつ定量的に説明すれば信じますよ。


    あとは以下同じような関係ない技術やコストなどのありがたい話ばかりですね・・・
    とりあえず、あなたの話す機器がネットの情報で次から次に機能や利点が加わっていくのはわかりました。
    とにかくね、銃弾がどうの、量子コンピューターがどうのとか、その他遠回りな話を削ぎ落として、もっと「簡潔に」「証拠を揃えて」「定量的に」説明してください。

    シャトルの追いかけっこの話ならば、まずミサイルの速度(とシャトルに到達していたか)やバビの速度を「簡潔に」「証拠を揃えて」「定量的に」説明してください。
    設定や記述はソース付きで、速度の算出には数式を用いたりしてくださいね。
    それだけあれば信じますし、それ以外の「現代のミサイルが~」とかそういった推測の話は要らないです。

    こっちも時間があればあなたの推測の話に付き合うことはできるんですが、そんな暇ではないですし、正直今のあなたの考察は付き合うほど機知の効いたものでもないので、次のコメント次第では普通に消します。

  19. | URL | -

    他人の納得所の一線はここだった・・・
    D層60kmで通信不能ならシャトルがマッハ1、フリーダムがマッハ2で
    追いつく距離なんだからそれでいいだろうと諭された
    私もなんか面倒になってきたのでそれでいいです、妥協しました
    噛み合わない部分についても目を瞑ります

  20. 現象也 | URL | -

    >19

    >他人の納得所の一線はここだった・・・
    残念ながら、私は他人にも自分にも妥協しません。
    私はMではないので、あなたのように大勢の人間に間違っていると言われるような考察をしたくはありません、大勢を納得させることのできる考察を目指しています。
    ですので、まずは描写に始まり、設定・記述を探し、そこから物理計算などを交えて論を拡張するという、隙のない考察を行うのです。
    自画自賛でもなんでもなく、こういった考察が優れているというのは道理です。

    個人の推測、というより解釈の入った考察では他人を納得させることができないというのは、痛いほどわかったでしょう。
    なら、考察スタイルを改めて、理解してもらえるように努力すればいいだけのことです。

    私はガンダム関連だけでも90冊ほどの資料を持っていますし、力学、流体力学、材料力学、熱力学など一通り学んでいますし、軍事技術に関しても勉強を行っています。
    (あなたが貼り付けた動画のキネティック弾頭要素のことは当時から知っていましたし、D層の話もどうして電離層というものが存在するのか、プラズマによる電磁波の反射・吸収の概要まである程度説明できます。)
    ネットで見つけた情報を切り貼りするだけでは人を納得させる考察にはなりません。
    現代より技術レベルが高いから、大は小を兼ねるなどの言葉遊びで、開発コンセプトや技術的・科学的に可能かどうかなど無視して、性能をオーバーに見積もってはいけません。
    それを行なった時点で、もうその考察の信頼性は大きく揺らぎ、人を納得させることができなくなります。

    とにかく、主観的解釈を交えない、常に論理的な考察を目指すべきです。

  21. | URL | -

    >>19
    あなたの考えには隙がありすぎ、相手の話したことも自己解釈して
    それが相手の言ったことのはずだと思い込んでいる所が多々あります
    そこは他の人もわかってくれたので私も妥協したのです
    あなたはあなたの中にある知識でしかものを考えられない所があり
    後出しで知ってますと言われても使えていない知識はただ腐っていくだけ
    どんなにあなたが自画自賛していても今ある情報を集めて何も推論しないのは
    知識の無駄でしかなくただの逃げでしかない
    情報は更新されればその都度推論を更新すればいいので臆病になる必要はない

    あなたは技術に関して低く見積もる傾向があります
    上限を知りコストを考えて話しましょう
    私はこういう技術もあると話しているのにあなたは私が決めつけて話していると
    反論に熱を入れるあまりに人の話そのものを聞いていなかった
    あなたは結局否定するだけで何の結論も出せず大凡の考えすら出せていません
    これだけ長く話していてもあなた自身の話には実がなかったのです
    あなたが他の人に支持されないで私が他の人と妥協点を共有できた理由となっています

    あなたの考える論理的な考察とやらは何も生み出しません
    結局あなたは自分で考えず、人の考えに頼っているということです
    答えが出せる時になってやっと、こうだろと話すことしかできないのです
    推論というものの意味を理解できていないことが証明されています
    あなたがこの話の意味を理解できないのならば
    あなたは私と妥協点を共有した人達に何も及ばないということです

  22. | URL | -

    訂正
    >>19 → >>9~の話

  23. 現象也 | URL | -

    >21

    >相手の話したことも自己解釈して、それが相手の言ったことのはずだと思い込んでいる所が多々あります
    それはあなたの伝え方が悪いんじゃないですか?
    下でも書いてますけど、ですます口調の断定形で書き込んでおいて、「こういう技術もあると話している」という可能性の提案だったなんて言うくらいなんですから。
    それに句点を打たなかったり、体言止めを連発したり、読みづらい文章を書かれますしね。

    >知識の無駄でしかなくただの逃げでしかない
    私は知識を使わないのではなく、適切に取捨選択しているだけです。
    あなたのように、見つけた情報を科学的・技術的によく吟味もせずに、現代より優れているからなどの言葉遊びで切り貼りしませんので。
    知識を無駄にしているかどうか、他の考察を読めばわかるでしょう↓
    http://2zimu.blog.fc2.com/blog-category-2.html

    >あなたは技術に関して低く見積もる傾向があります
    あなたに技術を正しく見積もる力がないから、勝手にオーバースペックに見積もってしまっているだけですよ。
    少なくとも、技術を見積もる力のある人は対艦弾道ミサイルと対艦ミサイルを一緒にして語りません。
    両者の要求スペックも大気軌道と弾道軌道による運動の違いという技術的問題点も考えずに、ただ同じ種別だからと同じ速さの数字を当てはめるなんてことはしません。
    同じ変形機構だからと、具体的な空気抵抗値や推力値も考えずに別シリーズの機体の速さの数字を当てはめたりしません。
    推進器と推進剤のことも考えずに、推進煙の有無で推力の大小を測ったりしません。

    >私はこういう技術もあると話しているのにあなたは私が決めつけて話していると
    ですます口調の断定形で書き込んでおいて、「こういう技術もあると話している」という可能性の提案だったなんて話が通るはずがないでしょう。
    そもそも、「~もある」と可能性を含ませていることを自認している時点で、自分の考察に裏付けがないと言っているようなものですよ。
    そんな、暖簾に腕押しなければならないような考察は相手にしません。

    >あなたは結局否定するだけで何の結論も出せず大凡の考えすら出せていません
    いや、あなたが記事にコメントを書いたのですから、私のコメントは当然それに対するリプライになるでしょう。
    そして、あなたの考察が設定・記述、何の裏付けもなく、自分の解釈で、しかも科学的・技術的にお粗末だったから、否定が並ぶコメントになったのですよ。

    そして、なぜ私まであなたが選んだシャトルの追撃シーンを題材にした考察に付き合って、結論まで導かなければならないんですか?
    そのシーンは追いかけっこし合う物体が多いくせに、それらのスペックに関する設定・記述が乏しいから、まともな考察なんてまず不可能で、こっちはあなたと一緒に泥船に乗るようなことしたくないんですよ。
    それに、私は私でフリーダムの速度については、大凡どころか詳細な考察を行っていますし↓
    http://2zimu.blog.fc2.com/blog-entry-284.html

    >あなたが他の人に支持されないで私が他の人と妥協点を共有できた理由となっています
    他人に支持されていない?それはあなたのことでしょう↓
    http://blog.livedoor.jp/redcomet2ch/archives/31288322.html#comments
    私の考察は、ブログの記事ではたくさん拍手いただいていますし、知恵袋でも投票でベストアンサーやナイス!をかなりいただいていますが?
    http://2zimu.blog.fc2.com/blog-category-2.html
    http://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/gensyouya1242

    >あなたの考える論理的な考察とやらは何も生み出しません
    妥協点って、議論の中で両者の間をとっただけの場当たり的なもので、そこに設定や記述による裏付けがないことに変わりないです。
    結局、その妥協点ですら可能性に揺らいでいて、何も生み出せていないのと同じですよ。
    そういった、どうとでも取れる甘いレベルでの考察がしたいなら、別に止めはしませんけど、他人まで巻き込まないでください。
    私は論理的考察でフリーダムの速度を算出していますので、何も生み出していないなんて言われる筋合いはないですよ。


    私はあなたのような可能性に揺らぐ甘っちょろい考察スタイルではないので、妥協点なんて生まれるはずがないのに、挨拶もなしにづけづけと人のブログに書き込んでおいて、何も得られるものがなかっただの叫ばれても迷惑な話です。
    これ以上、コメント欄を使われるのも嫌なので、さよならということで。

  24. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  25. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  26. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバック URL
http://2zimu.blog.fc2.com/tb.php/188-1407376b
この記事へのトラックバック:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。